カテゴリー
news releases

[NEW RELEASE]

TRIADOF13TH – 水槽と熊

OOO-48 | Casse tape

TRIADOF13TH、売り文句を嫌う彼らに代わりレーベルとして弁るならばENDON,AKBK,JDOW,Macrochord,extremeOBSN,Vampillia(support)等の活動遍歴を持つ集団により2020年に結成され西東京・国分寺を中心に活動するトリオ。

2021年9月に自主リリースされ話題を博した1stアルバム「MA’GARIKA”DONIOI”Y_UME/NOYORU」に続く2作目となるEPがDLコード付カセットで[…]dotsmarkより登場。
A面には1st収録曲のリレコーディングVer、B面には完全新曲「ハンター」「プレイ」を収録。ロックのマナーと青草の様な爽やかさ、ダートを駆ける疾さと埃を押し込めた様なハードコア・パンク。
バンドのライヴ物販とレーベル直販のみでの取り扱い、100本限定。

バンドプロフィール

2020年結成
BLOWUPなどで行われてきた音楽とマジックリアリズムの関係をパンクロックのフィールドで再考する、内容の無いジャップコアバンド。
Gt/Vo Koki Miyabe
Ba/Vo Atsushi Hayashibara
Dr/Vo Yuki Tanaka

カテゴリー
news releases

OOO-28

observation about air – Abisyeikah

OOO-28 |CD | Digital


ローファイ/ナンセンスと悪趣味と思索の深さが膝突き合わせて同居する数々のパフォーマンス、解析不能すぎるトゥー・マッチ・プログレッシヴ・スタイルと徹底したアンダーグラウンド&ホームメイドなテロリズム音響によって多くの黙殺と熱狂的な賞賛を得て来た「異物としての『ノイズ』」ユニット・アビシェイカー。

本作は彼等の4thオリジナルアルバムにして初のプレスCD/正規流通作品となる。
今彼等に注目しなかったらいつ注目するんだ?!

DL版は下記配信先からご利用頂けます。
iTunes/Amazon/Bandcamp/Ototoy

Abisyeikah(アビシェイカー)
2004年結成。群馬~行田~高円寺~六本木~渋谷に潜伏し、コンスタントにライヴとリリースを重ねる。
デビュー当初から「ゴアグラインド」「ノイズグラインド」を標榜し、そのキーワードを独自に拡大解釈あるいは誤解しエクストリームミュージック~ノイズ~パフォーマンスアート化したような創作活動を繰り返す。

呼ばれた土地土地のリアルアンダーグラウンドなイベントに出演を重ね、これまでにツネマツマサトシ、OH MY COW!、殺(KILL)等の日本パンク/ロックの大御所から美川俊治+HIKO、Dave Phillips、Francisco Meirino、Yousuke Fuyama等のガチンコノイズ/電子音響勢と共演。更に冷蔵庫マン、川崎CHITTAで行った某芸術家とのコラボに於いては森山未來とも、ジャンル/業種/キャリア/オーバーグラウンドorアンダーグラウンドを問わずあらゆるシーン、国のアーティストとボーダーレスに共演の機会に恵まれ、渡り合う。

2012年にUSAのAGORAPHOBIC NOSEBREEDのメンバーJ.Randallが主宰するレーベル”GRINDCORE KARAOKE”から、JESUS OF NAZARETH及びKUSARI GAMA KILLとの3way remixアルバムをリリース。

2013年、UKビートボックスチャンピオン”Beardyman”にライヴ動画が高く評価され国際的な注目を浴びる。
更にオーストラリアのHorrer core/Break core”Passenger of shit”からもリスペクトを受け、彼の企画するV.A.への参加およびPassenger of shit&アビシェイカーによるコラボレーション作の制作も決定している。

カテゴリー
news releases

OOO-37

エントロピック – HIJOKAIDAN x SissySpacek

OOO-37 | CD

1 Hijokaidan / Sissy Spacek– Amok Time 11:42
2 Hijokaidan / Sissy Spacek– Seven Directions 4:46
3 Sissy Spacek– Necro Ton 29:16
4 Hijokaidan– Live At Akihabara Club Goodman 29:50

“KING OF NOISE”!今年結成40周年を迎えた世界を代表するノイズバンド・非常階段と、昨年[…]dotsmarkのマネジメントにより初来日を果たしたUSブラー・グラインドSISSY SPACEKの初のコラボレーションアルバム。
昨年のSISSY SPACEK日本滞在時に録音された非常階段とのコラボレーション、秋葉原GOODMANで行われた両バンドにテンテンコも加えてのセッションに加え、同日の非常階段のソロライヴ、SISSY SPACEKの未発表ソロ音源も同時収録。US盤とは異なるトラックリストで日本盤の登場です。8Pブックレットには坂口卓也氏によるライナーノーツ収録。
[…]dotsmark直営オンラインショップCULTURE discs& tapes他一部店舗では購入特典としてステッカー付き。

非常階段 / HIJ0KAIDAN
JOJO広重 / JOJO HIROSHIGE (Guitar/Vocal)
T.美川 / T.MIKAWA (Electronic sound)
JUNKO (Voice)
岡野太 / FUTOSHI OKANO (Drums)

1979年に京都でJOJO広重と頭士奈生樹によって結成された、世界最初&日本最初のノイズバンド。大音量+即興演奏という基本コンセプトのもと、長きに亘ってノイズ演奏を続け「キング・オブ・ノイズ」という異名で国内外に名を知られている。1980年に頭士脱退後、現在もメンバーであるT.美川が参加、ほかにも多数メンバーが参加し、1980-1982年頃はステージで破壊的なパフォーマンスを展開するライブを行い、国内外に知名度をあげることになる。幾度かのメンバー変遷後、80年代にJUNKO、2009年に岡野太がメンバーとなり、現在の4人が正式ラインナップとなっている。ゲストミュージシャンとしてナスカ・カー・ナカヤ(Electronics)が参加するバージョンもある。
1982年に発表されたアルバム「蔵六の奇病」はインディーズ史上の名盤であり、ロングセラーを続けている。
 海外でのライブ公演も多く、イギリスやアメリカ、イタリアなどからも作品のリリースもある。
 2019年、結成40周年を迎えた。


SISSY SPACEK(シシー・スペイセク)


1999年ロサンゼルスで結成されたブラー / グラインドユニット。実験音楽家John Wieseによって設立され、ノイズコア、コラージュ、テープミュージック、フリーインプロビゼーション、ラージスケール・アンサンブル、そしてそれ以外にも、様々な要素を取り入れながら、グラインドコアのバンドして多彩な音楽シーンを超えて活躍を続ける中、多くのメンバーたちが、何年間も経つ間に、バンドに加わり、そして去っていった。このバンドは、数多くのジャンルをまたぐ、そして数多くのメソッドを駆使した30枚以上のフルアルバムを、すでにリリースしている。
過去10年間のシシー・スペイセクは、ライブパフォーマンスで地獄から来たようなグラインドコアの演奏を容赦なく観客に叩きつけるとともに、幅広いジャンルのレコードをリリースし続けている。
2018年には2013年からの編成であるCharlie Mumma  (ドラム、2008年よりボーカル) とJohn Wiese (ベース、エレクトロニクス、ボーカル)のデュオで、結成20周年を記念し初の来日を果たした。

カテゴリー
news releases

OOO-46

Ode To The Angels Embryo – UNCIVILIZED GIRLS MEMORY

OOO-46 | Tshirt W/ DLcode

ZENOCIDEのヴォーカリスト、SLAVEARTS®︎のグラフィック・デザイナー、また歌人としても活動する玉野勇希を中心にメインコンポーザーであるdotphob、そしてDagdrøm(IMMORTAL DEATH, she luv it)、那倉太一(ENDON, JUSTICE)、nb(ZENOCIDE)、RIKI(AxVx)の流動的な参加によってエリア / フォーマットを一貫させないアートフォームを構築してきたUNCIVILIZED GIRLS MEMORYの2022年7月時点における最新形態は、QRコード付きTシャツ。QRからは現UCGMの中核である玉野 + dotphobによる音源がストリーミング再生できる。CoH(Editions Mego, Raster-Noton)がSTALAGGHに通じるデプレッシヴ・ノイズ・ブラックを志向したかの如き緻密かつ冒険に満ちた同楽曲は、眩くも漆黒のサウンド・エクスペリエンスを得られるものだが、本作はリスニングのみでは成立しない。2018年のDOMMUNE出演時にも放送事故寸前の効果をもたらしたヴォーカリスト非歌唱のパフォーマンス、破壊によって聴取が可能となるフィジカル作品『EMERALD』(2020)のヴァキューム・パッケージ、写真 + サウンド + 短歌を同時にブラウジングすることで達成されるオンライン・インスタレーション『VENTILATOR』(2021)など、UCGMのアートフォームはいずれもあなたの視点と行為の介在を必要としている。玉野が2Ø0ΛA!£、D.D.Dと共にデザインしたTシャツを着用してはじめて、天使の胚の成長過程を見届けることになるだろう。押井 守 + 故・今 敏による傑作『セラフィム 2億6661万3336の翼』は今なお未完の状態が継続しているが、パンデミック後の状況がオーヴァーラップすることも手伝い、本作がタクラマカン砂漠へのエクソダスを成功に導いてくれる気分になりそうだ(世界観は『天使のたまご』のほうがより近いかもしれないが)。

-久保田千史(AVE | CORNER PRINTING)

UNCIVILIZED GIRLS MEMORY

玉野勇希|YUKI TAMANOの個人プロジェクトとして2017より活動開始。当初よりメンバーや編成を固定せず領域横断的にライブパフォーマンスやインターネット上での音源リリース、アパレルの制作などを行う。2022年現在のコアメンバーはYUKI TAMANO/dotphobの二名。過去にはnb(ZENOCIDE)DAGDROM(she luv it/IMMORTAL DEATH)RIKI(AxVx)那倉太一(ENDON)らが参加。2020年『EMERALD』を真空パックカセットテープで自主リリース2021年 WEBメディア「AVE|CORNER PRINTING」上でインスタレーション作品『VENTILATOR』を12カ月間連載形式で発表。2022年『Ode to the Angels embryo』をQRコード付きTシャツでDOTSMARKよりリリース

カテゴリー
news releases

OOO-42

JUSTICE – JUSTICE

OOO-42 | CD | Digital

ENDONのフロントマン・那倉太一、伝統邦楽長唄の三味線奏者としてまた現代東京アンダーグラウンドで最もノイ ズを弾きこなすギタリストとして知られる阪本剛二郎、渋谷PARCO壁面への制作を始めとしスクリーンプリントを 軸足に様々な場所と形態で作品を制作発表してきたアーティスト・田巻裕一郎の三者によるプロジェク ト”JUSTICE”、数年前より密やかに制作が噂されていた1stアルバムが堂々の完成。ギターと声による極限のエ モーション、ロマンチシズムとハードボイルド、ブラックメタル/ノイズ/ハードコア/エクスペリメンタルの境界を融 解した真のエクストリーム・アート!通常盤16頁ブックデジパック仕様。完全限定特殊装丁版はレーベル配給のみ。

JUSTICE
VOICES – 那倉太一
GUITARS and SYNTHESIZERS – 阪本剛二郎
ART DIRECTION – 田巻裕一郎

那倉太一(VOICES)、阪本剛二郎(GUITARS and SYNTHESIZERS)のデュオとして2015年結成。
2016年6月国分寺モルガーナにてデビュー。
2021年田巻裕一郎(ART DIRECTION)加入。

カテゴリー
news releases

OOO-40

Obsèques – 葬

OOO-40 | C-60 | Digital

:
2009-2013の間活動したDeath industrial/Power electronics “NEGATIVE CLIMAX”。数本のカセット作品とライヴを行った後長い沈黙期間に入ったが2021に入りオリジナルメンバーが突如として再浮上。ソロユニットとして新たに冠された名が”葬”である。
制作開始最初期の小品3篇8曲を一本のカセットに纏め上げた本作品は、全体を通してクラシックピアノの旋律を断片化したテープ・ループと絶望的な呻きを構成要素とし、それ以外の余分な情報は一切排除されている。死体の温もり、抜け出せない朽ちた螺旋階段、生気を絶った魂を通した色褪せた視界は、異なる視界に生きるものの力を奪い、同じ視界に生きるものを惹きつけるだろう。
モノラル・マスター・テープからヴィンテージ・デュプリケーター・ダビングによる自然な劣化を経てノーマル・テープに納められたことで本作は初めて「葬の目指した音」に到達、レーザープリントのトナー感にこだわった装丁と合わせてフィジカルで手に取られるべき仕上がりとなった。