カテゴリー
news releases

OOO-36

January Thirty + Uneasiness
Kazuma Kubota

OOO-36 | CD | Digital

“真面目で甘酸っぱい音楽/音。フィルムや小説の短編集に近い感触。今後どうなっていくか聴いてみたいと思わせる作品でした。”

朝生愛

Post Harsh Noiseの旗手Kazuma Kubotaの現在廃盤となっている代表作品をCD化し2タイトル同時リリース!

本作は2012年にイタリアのレーベルA Dear Girl Called Wendyから限定リリースされたワンサイドLPと、2009年に20部(!)限定でセルフリリースしたEPを1枚のCDにコンパイル。
断続と反復を多用したブレイク感溢れる冷たくも激しいハーシュノイズと穏やかなアンビエントの狭間を揺らぎながら突き進んで行く”January Thirty”、雨音のフィールドレコーディングとギターのアルペジオから幕を開け従前のノイズ観を独自の美意識で更新した意欲作”Uneasiness”。
ともに21世紀以降そして2020年以降のノイズの発展性を占う重要な内容だ。

本再発にあたってはリマスタリングエンジニアにJames Plotkin(ex- Khanate, O.L.D.)を起用。巨匠の手を経て現代仕様のソリッドな音像にアップデートする事に成功した。スリーヴケースに保護されたジャケットにはKubota本人による撮りおろしの風景写真がふんだんに収録された8Pフルカラーブックレットを同梱、Kazuma Kubota独特の世界観を視覚面からも表象している。
国際シーンで人気を獲得し既に各地にフォロワーをも生み出している新たなるノイズ・フォーマットの提唱者として注目すべき作家の隠されたマスターピース、いまここに初の正規流通!

カテゴリー
news releases

OOO-39

A Taste of…RNA – RNA

OOO-39 | CD | Digital

電子音楽からシンガー・ソングライター、映画・アニメーションのサウンドトラックなど多岐にわたる活動で知られるマルチ・インストゥルメンタリスト石橋英子、非常階段・C.C.C.C.・インキャパシタンツ等日本の重要ノイズバンドを遍歴するノイズ奏者としてまた宇宙エンジン他でギターを手に取ってきたコサカイフミオ、日本インダストリアル・ノイズ史の黎明期より今尚新境地を求め続けるK2こと草深公秀によるスーパー・ノーウェーヴ・バンド”RNA”、エクスペリメンタル・ミュージックの殿堂・六本木SuperDeluxeでの2018年の演奏が音源化!ドラム、ギター、エレクトロニクスによるドラスティックなインタープレイが冷たく白熱する驚異の40分。エディット&ミックスには宇都宮泰、マスタリングには中村宗一郎(Peace Music)アートディレクションは大野雅彦を起用。

RNA

2013年頃、SNSで知り合ったK2草深と石橋英子のコラボ作と、同時期に発表された旧知のF.コサカイと草深とのコラボ作とから全ては始まった。2015年のレコ発で、石橋がDrを、コサカイがGを、草深がelectronicsを演奏する3ピース・バンドが結成された。それがRNAである。RNAは、年に1回だけ集まってライブをすると言う悠長なペースな活動を続けてきている。毎回、打ち合わせなどはなく、その場の空気感で演奏を決めるという特異なスタンスでの即興的演奏は、ノイジーだが、紛れもなくロックであり、ノーウエーブである。

カテゴリー
news releases

OOO-40

Obsèques – 葬

OOO-40 | C-60 | Digital

:
2009-2013の間活動したDeath industrial/Power electronics “NEGATIVE CLIMAX”。数本のカセット作品とライヴを行った後長い沈黙期間に入ったが2021に入りオリジナルメンバーが突如として再浮上。ソロユニットとして新たに冠された名が”葬”である。
制作開始最初期の小品3篇8曲を一本のカセットに纏め上げた本作品は、全体を通してクラシックピアノの旋律を断片化したテープ・ループと絶望的な呻きを構成要素とし、それ以外の余分な情報は一切排除されている。死体の温もり、抜け出せない朽ちた螺旋階段、生気を絶った魂を通した色褪せた視界は、異なる視界に生きるものの力を奪い、同じ視界に生きるものを惹きつけるだろう。
モノラル・マスター・テープからヴィンテージ・デュプリケーター・ダビングによる自然な劣化を経てノーマル・テープに納められたことで本作は初めて「葬の目指した音」に到達、レーザープリントのトナー感にこだわった装丁と合わせてフィジカルで手に取られるべき仕上がりとなった。

カテゴリー
news releases

OOO-44

ろんぐばけいしょん – 黒パイプ

OOO-44 | CD | Digital

既存のどこにも属さずオリジナル・アンダーグラウンドを東京から世界に向け発信して来た国産音楽と舞台表現の特異点集団“黒パイプ”7年ぶりの2ndアルバム。ニューウェーブの狂気とハードコアパンクのスピード感を兼ね備えたサウンドに現代社会の歪みと其処に生きる人々の如何ともし難さをユーモア混じりの暗喩たっぷりで痛烈に描き出す。 ゲストボーカルとして文筆家の五所純子が参加。カバーアートには広島オルタナティブ文化のキーパーソンにしてアーティストの葉朗を、バンドロゴデザインには実話ナックルズなどアウトロー系雑誌の表紙イラストで知られるタカミトモトシを、タイトルロゴデザインには台中拠点の孤高のアーティスト料燕尾(Liao Yen-Wei)を起用。 初版ロットはフランス・マルセイユの出版芸術集団“ル・デルニエ・クリ”の全面協力のもと彼らの工房で一枚毎にシルクスクリーンプリントされたフランス直輸入7インチサイズ紙ジャケット仕様! K/A/T/O MASSACRE主催のカトーとジャカルタ拠点の映画監督Adythia Utamaによるライナーノーツを封入。

◆略歴
2003年の春にテーリ・テムリッツが主催するレーベル「Comatonse Recordings」の10周年記念コンピレーションへの参加を契機に活動を開始。同年の秋に名古屋のグランドキャバレー太平洋で行われた「幻の名盤解放同盟イベント」にて初ライブを行う。 2005年にスロヴァキアのパンク・レーベルから依頼を受け、The Last Minutes(Shuichi Sugimoto+Shing02)がメガミックスを手がけた楽曲を提供。 2006年5月に取手のTORIDE YAKKYOKUにて自主企画「黒パイプのMidnight Sexy」を開催。同年12月には音楽評論家の湯浅学と美術家の伊東篤宏と共に企画したライブイベント「黒光湯(くろびかりゆ)」の第一回が新大久保アースダムにて開催される。黒光湯はのちに東京の年末恒例ライブイベントの一つとして認知されていくこととなり現在に至る。 2014年10月にスイスのローザンヌのフェスティバル「LUFF」に出演。同時期にフランスのマルセイユで開催されたル・デルニエ・クリ主催の企画展「MANGARO」オープニングイベントにも出演し、、ツアー用物販として初のアルバム「10€」が自主制作される。 2021年に二枚目のアルバム「ろんぐばけいしょん」を[…]dotsmarkよりリリース。

カテゴリー
news releases

OOO-42

JUSTICE – JUSTICE

OOO-42 | CD | Digital

ENDONのフロントマン・那倉太一、伝統邦楽長唄の三味線奏者としてまた現代東京アンダーグラウンドで最もノイ ズを弾きこなすギタリストとして知られる阪本剛二郎、渋谷PARCO壁面への制作を始めとしスクリーンプリントを 軸足に様々な場所と形態で作品を制作発表してきたアーティスト・田巻裕一郎の三者によるプロジェク ト”JUSTICE”、数年前より密やかに制作が噂されていた1stアルバムが堂々の完成。ギターと声による極限のエ モーション、ロマンチシズムとハードボイルド、ブラックメタル/ノイズ/ハードコア/エクスペリメンタルの境界を融 解した真のエクストリーム・アート!通常盤16頁ブックデジパック仕様。完全限定特殊装丁版はレーベル配給のみ。

JUSTICE
VOICES – 那倉太一
GUITARS and SYNTHESIZERS – 阪本剛二郎
ART DIRECTION – 田巻裕一郎

那倉太一(VOICES)、阪本剛二郎(GUITARS and SYNTHESIZERS)のデュオとして2015年結成。
2016年6月国分寺モルガーナにてデビュー。
2021年田巻裕一郎(ART DIRECTION)加入。

カテゴリー
news releases

OOO-46

Ode To The Angels Embryo – UNCIVILIZED GIRLS MEMORY

OOO-46 | Tshirt W/ DLcode

ZENOCIDEのヴォーカリスト、SLAVEARTS®︎のグラフィック・デザイナー、また歌人としても活動する玉野勇希を中心にメインコンポーザーであるdotphob、そしてDagdrøm(IMMORTAL DEATH, she luv it)、那倉太一(ENDON, JUSTICE)、nb(ZENOCIDE)、RIKI(AxVx)の流動的な参加によってエリア / フォーマットを一貫させないアートフォームを構築してきたUNCIVILIZED GIRLS MEMORYの2022年7月時点における最新形態は、QRコード付きTシャツ。QRからは現UCGMの中核である玉野 + dotphobによる音源がストリーミング再生できる。CoH(Editions Mego, Raster-Noton)がSTALAGGHに通じるデプレッシヴ・ノイズ・ブラックを志向したかの如き緻密かつ冒険に満ちた同楽曲は、眩くも漆黒のサウンド・エクスペリエンスを得られるものだが、本作はリスニングのみでは成立しない。2018年のDOMMUNE出演時にも放送事故寸前の効果をもたらしたヴォーカリスト非歌唱のパフォーマンス、破壊によって聴取が可能となるフィジカル作品『EMERALD』(2020)のヴァキューム・パッケージ、写真 + サウンド + 短歌を同時にブラウジングすることで達成されるオンライン・インスタレーション『VENTILATOR』(2021)など、UCGMのアートフォームはいずれもあなたの視点と行為の介在を必要としている。玉野が2Ø0ΛA!£、D.D.Dと共にデザインしたTシャツを着用してはじめて、天使の胚の成長過程を見届けることになるだろう。押井 守 + 故・今 敏による傑作『セラフィム 2億6661万3336の翼』は今なお未完の状態が継続しているが、パンデミック後の状況がオーヴァーラップすることも手伝い、本作がタクラマカン砂漠へのエクソダスを成功に導いてくれる気分になりそうだ(世界観は『天使のたまご』のほうがより近いかもしれないが)。

-久保田千史(AVE | CORNER PRINTING)

UNCIVILIZED GIRLS MEMORY

玉野勇希|YUKI TAMANOの個人プロジェクトとして2017より活動開始。当初よりメンバーや編成を固定せず領域横断的にライブパフォーマンスやインターネット上での音源リリース、アパレルの制作などを行う。2022年現在のコアメンバーはYUKI TAMANO/dotphobの二名。過去にはnb(ZENOCIDE)DAGDROM(she luv it/IMMORTAL DEATH)RIKI(AxVx)那倉太一(ENDON)らが参加。2020年『EMERALD』を真空パックカセットテープで自主リリース2021年 WEBメディア「AVE|CORNER PRINTING」上でインスタレーション作品『VENTILATOR』を12カ月間連載形式で発表。2022年『Ode to the Angels embryo』をQRコード付きTシャツでDOTSMARKよりリリース