Categories
news releases

OOO-36

January Thirty + Uneasiness
Kazuma Kubota

OOO-36 | CD | Digital

“真面目で甘酸っぱい音楽/音。フィルムや小説の短編集に近い感触。今後どうなっていくか聴いてみたいと思わせる作品でした。”

朝生愛

Post Harsh Noiseの旗手Kazuma Kubotaの現在廃盤となっている代表作品をCD化し2タイトル同時リリース!

本作は2012年にイタリアのレーベルA Dear Girl Called Wendyから限定リリースされたワンサイドLPと、2009年に20部(!)限定でセルフリリースしたEPを1枚のCDにコンパイル。
断続と反復を多用したブレイク感溢れる冷たくも激しいハーシュノイズと穏やかなアンビエントの狭間を揺らぎながら突き進んで行く”January Thirty”、雨音のフィールドレコーディングとギターのアルペジオから幕を開け従前のノイズ観を独自の美意識で更新した意欲作”Uneasiness”。
ともに21世紀以降そして2020年以降のノイズの発展性を占う重要な内容だ。

本再発にあたってはリマスタリングエンジニアにJames Plotkin(ex- Khanate, O.L.D.)を起用。巨匠の手を経て現代仕様のソリッドな音像にアップデートする事に成功した。スリーヴケースに保護されたジャケットにはKubota本人による撮りおろしの風景写真がふんだんに収録された8Pフルカラーブックレットを同梱、Kazuma Kubota独特の世界観を視覚面からも表象している。
国際シーンで人気を獲得し既に各地にフォロワーをも生み出している新たなるノイズ・フォーマットの提唱者として注目すべき作家の隠されたマスターピース、いまここに初の正規流通!

“Serious and sour-sweet music/sound. The sensation I felt was close to a film or a collection of short stories. The piece made me curious about how it would develop in the future.” –

Ai Aso

Kazuma Kubota The flag-bearer of the Post Harsh Noise, His famous works up to now that lay the foundation of his present, have been turned into CDs and two titles will be released at the same time!


This work is a compilation of the single-sided LP that was exclusively released in 2012 by an Italian label “Dear Girl Called Wendy” and the self-released EP in 2009 with only 20 copies (!) into a single CD. “January Thirty” is a piece that wavers in between the cold and intense harsh noise full of a break feel with a lot of intermittences and repetitions, and the gentle ambient sound, as it moves forward. “Uneasiness” is a piece with a strong drive that starts with a field recording of the sound of the rain and guitar arpeggio then moves on to update the conventional noise perspective with its unique notion of beauty. Both have the critical element in foreshadowing the development of noise after the 21st Century and after 2020.

For these reissues, we selected James Plotkin (ex- Khanate, O.L.D.) to be the remastering engineer. With the skill of the master, the music’s update into a modern style solid audio/sound image was successful. The jacket protected by a sleeve case also contains a 12-page full-color booklet that contains many photographs of sceneries that Kubota himself has taken. Kazuma Kubota’s unique worldview has been expressed from visual aspects as well.
He is the advocate of a new noise format that has been gaining popularity internationally, with many followers already in various regions. The hidden masterpiece of such an artist that people should focus on !

Categories
event news

DISCHARGE III

“DISCHARGE 3”
2019/9/14(Sat) at Shinjuku HILL VALLEY STUDIO Cst

OPEN 17:30 START 18:00
[ENTRANCE FREE]
Act:

ABIBOSS a.k.a. Anya Enot(RU)
NOISE CONCRETE x 3CHI5
ODA takumi
BLACKPHONE666
YUKO ARAKI
shikaku

Categories
news releases

OOO-37

エントロピック – HIJOKAIDAN x SissySpacek

OOO-37 | CD

1 Hijokaidan / Sissy Spacek– Amok Time 11:42
2 Hijokaidan / Sissy Spacek– Seven Directions 4:46
3 Sissy Spacek– Necro Ton 29:16
4 Hijokaidan– Live At Akihabara Club Goodman 29:50

“KING OF NOISE”!今年結成40周年を迎えた世界を代表するノイズバンド・非常階段と、昨年[…]dotsmarkのマネジメントにより初来日を果たしたUSブラー・グラインドSISSY SPACEKの初のコラボレーションアルバム。
昨年のSISSY SPACEK日本滞在時に録音された非常階段とのコラボレーション、秋葉原GOODMANで行われた両バンドにテンテンコも加えてのセッションに加え、同日の非常階段のソロライヴ、SISSY SPACEKの未発表ソロ音源も同時収録。US盤とは異なるトラックリストで日本盤の登場です。8Pブックレットには坂口卓也氏によるライナーノーツ収録。
[…]dotsmark直営オンラインショップCULTURE discs& tapes他一部店舗では購入特典としてステッカー付き。

非常階段 / HIJ0KAIDAN
JOJO広重 / JOJO HIROSHIGE (Guitar/Vocal)
T.美川 / T.MIKAWA (Electronic sound)
JUNKO (Voice)
岡野太 / FUTOSHI OKANO (Drums)

1979年に京都でJOJO広重と頭士奈生樹によって結成された、世界最初&日本最初のノイズバンド。大音量+即興演奏という基本コンセプトのもと、長きに亘ってノイズ演奏を続け「キング・オブ・ノイズ」という異名で国内外に名を知られている。1980年に頭士脱退後、現在もメンバーであるT.美川が参加、ほかにも多数メンバーが参加し、1980-1982年頃はステージで破壊的なパフォーマンスを展開するライブを行い、国内外に知名度をあげることになる。幾度かのメンバー変遷後、80年代にJUNKO、2009年に岡野太がメンバーとなり、現在の4人が正式ラインナップとなっている。ゲストミュージシャンとしてナスカ・カー・ナカヤ(Electronics)が参加するバージョンもある。
1982年に発表されたアルバム「蔵六の奇病」はインディーズ史上の名盤であり、ロングセラーを続けている。
 海外でのライブ公演も多く、イギリスやアメリカ、イタリアなどからも作品のリリースもある。
 2019年、結成40周年を迎えた。


SISSY SPACEK(シシー・スペイセク)


1999年ロサンゼルスで結成されたブラー / グラインドユニット。実験音楽家John Wieseによって設立され、ノイズコア、コラージュ、テープミュージック、フリーインプロビゼーション、ラージスケール・アンサンブル、そしてそれ以外にも、様々な要素を取り入れながら、グラインドコアのバンドして多彩な音楽シーンを超えて活躍を続ける中、多くのメンバーたちが、何年間も経つ間に、バンドに加わり、そして去っていった。このバンドは、数多くのジャンルをまたぐ、そして数多くのメソッドを駆使した30枚以上のフルアルバムを、すでにリリースしている。
過去10年間のシシー・スペイセクは、ライブパフォーマンスで地獄から来たようなグラインドコアの演奏を容赦なく観客に叩きつけるとともに、幅広いジャンルのレコードをリリースし続けている。
2018年には2013年からの編成であるCharlie Mumma  (ドラム、2008年よりボーカル) とJohn Wiese (ベース、エレクトロニクス、ボーカル)のデュオで、結成20周年を記念し初の来日を果たした。

Categories
event news

John Wiese | Optical Tokyo/Takamatsu 2019

John Wiese | Optical Tokyo/Takamatsu 20197.12-24,2019

7.12(Fri)-7.15(Mon) @東京都現代美術館 Tokyo Artbook Fair – 出展
7.17(Wed) @テンプル大学 19:30~ – 映像作品上映
7.20(Sat) @落合Soup 19:00~ – ライヴ
7.22(Mon) @UPLINK渋谷 19:30~ – 映像作品上映/トーク/ミニライヴ
7.24(Wed) @瀬戸内国際芸術祭 DOMMUNE SETOUCHI 19:00~ – トーク/ライヴ


昨年自身のバンドSissy Spacek初来日と併せて過去最大規模のジャパン・ツアーを成功させた米国の実験音楽家John・Wiese(ジョン・ウィース)の2年連続来日が決定。
“John Wiese | Optical Tokyo/Takamatsu 2019”と名づけられた今回の滞在では氏が音楽活動と並行して手がけてきた出版/映像等視覚表現にフォーカスしたイベントを東京都複数箇所で開催。瀬戸内国際芸術祭内DOMMUNE SETOUCHIへの参加も決定した。
今回東京都内でのライブパフォーマンスは本Soup公演と7/22(月)UPLINK渋谷公演のみ。
昨年の驚異的な音響パフォーマンスに感動した方も、都合が合わなかった方もこの機会に是非。

John Wiese | Optical Tokyo 2019
2019.7.20(Sat) @Soup
Open/Start19:00
Adv ¥2000 Door ¥2300+drink

・John Wiese (US)
・JUNKO
(from Hijokaidan)
・MikaTen
(美川 俊治 (Toshiji Mikawa) from Hijokaidan / Incapacitants + テンテンコ )
・Astro

DJ

アート倉持(黒パイプ)

Categories
event news

[…]dotsmark Values Tour 2019 in Taiwan

[…]dotsmark Values Tour 2019 in Taiwan

4th May (sat) at Revolver Taipei
Lacking Sound Fest pre
失聲祭域外音 w/ 日本噪音廠牌Dotsmark

11PM-
Entrance Fee | NT. 350 (+Drink)

BLACKPHONE666
Kazuma Kubota
shikaku
sonic deadhorse
賴宗昀 (Lai Tsung Yun)


 
5th May (sun) Fat Tone Studios Taipei
先行一車pre
Senko Issha Gigs #34

8PM-
Entrance Fee | TBA

Chia-Chun X
BLACKPHONE666
Kazuma Kubota
shikaku

Categories
event news

地域とノイズ第二回|台湾「失聲祭」&「雑音指數」

地域とノイズ第二回

特集:台湾実験音楽キュレーション集団「失聲祭」&ノイズフェスティバル「雑音指數」

現行のノイズミュージックが宿る場所に注目し、その紹介を目的とするイベントシリーズ第2回! 近年、新世代ノイズミュージックの震源地として存在感を増すアジア。中でも年齢層の若さ、ボルテージの高さで注目され日本との交流も活発な台湾から、2018年初夏に台北で開催された台中日ノイズフェス「雑音指數」(Noise Index)の模様と、様々なイベントを通年開催する団体「失聲祭」(Lacking Sound Fest)のアクティテビティをピックアップ。それぞれのイベントに日本から出演したアーティスト達を迎え映像とトークで現地の熱気を伝えます。更に今回は名古屋での出張上映も決定![入場者特典] V.A.”HIBAIPIN”CD

Feat:
山角龍,黒電話666,敬子 Jyun-Ao Caesar,北山Q男,晟|SHENG,Berserk,Ding chenchen,Dino,FUJUI WANG,GayBird x WANG Chung Kun,HUH,Jeff carey,Jiang Zhu Yun,Kazumoto Endo,Long Trip 遠足,LTY,LTY+TZUNI,LU YI,MEUKO!MEUKO!,Mycelium Network Society,PA66,Pak Yan Lau & Lynn Cassiers,Spore Spawn,Tim Olive + Takuji Naka,Torturing Nurse,TZU NI,XXXXX,
Yousuke Fuyama,Yuko Kaseki x You-sheng Zhang,先行一車,Interview w/Torturing Nurse,Berserk Gig In Tokyo 12.1.2018

2019.3.19(Tue)
UPLINK渋谷
開場19:00開演19:30 料金一律1500円(1ドリンク込)
TALK: Kazumoto Endo/安藤峻(Spore Spawn)/Yousuke Fuyama
Kyosuke Terada(HUH)/ystk hrn([…]dotsmark)


2019.3.30(Sat)
名古屋・伏見SCIVIAS
開場19:00開演19:30 料金一律2000円(2ドリンク込)
※席数限り有り。予約は各種SNS[…]dotsmarkアカウント又はcontact@dotsmark.com迄
TALK: Kazumoto Endo/安藤峻(Spore Spawn)/ ystk hrn([…]dotsmark)
LIVE: Kazumoto Endo / Spore Spawn / ODA takumi

Categories
event news

STAR DEATH CRUSH

STAR DEATH CRUSH

渋谷慶一郎(ATAK)
中原昌也
(HAIR-STYLISTICS)
那倉太一
(ENDON)
DJ: MOODMAN
VJ: rokapenis

日時:2018.12.7(金)
会場:新大久保EARTHDOM
開場 : 19:00 開演 : 19:30
前売 : ¥3,000当日 : ¥3,500 (ドリンク別)
前売発売日:e+またはEARTHDOM店頭にて

日本の先端音楽を代表する3者の初のコラボレーションライヴ決定!
音楽レーベル「ATAK」を主宰し、ボーカロイド・オペラ「THE END」他数々の作品で知られる音楽家渋谷 慶一郎。ノイズミュージックユニット「HAIR – STYLISTICS」として、また文筆家/画家/コラージュ作家として幅広い活動を続ける中原 昌也。世界最高峰のノイズバンド「ENDON」のフロントマン那倉 太一。
世界的に注目を集め続ける上記3者による初めてのコラボレーション・ワンマン・ライヴ!
DJにMOODMAN、VJにrokapenisという東京ナイトシーンに欠かせない2者が華を添える。

フライヤーデザインは大友克洋等数々のコラボレーションで知られるコラージュアーティスト河村康輔。

当日は現代美術家/シルクスクリーンアーティストの田巻裕一郎による限定イベントシャツの販売も決定。

会場は日本のハードコア / エクストリームミュージックの名門・新大久保EARTHDOM。
電子音楽/現代美術/ノイズミュージック/エクストリームミュージック / ハードコア / クラブミュージックのボーダーを現行感覚で乗り越え、平成最後の年に歴史を一歩動かす夜となるだろう。

協力:TOKYODIONYSOS

Categories
event news

DISCHARGE II

DISCHARGE 2
2018.12.1(sat) Shinjuku HILL VALLEY STUDIO Cst
Open 17:30 / Start 18:00 !!!ENTRANCE FREE!!!

Berserk(TW)
Kazumoto Endo
Blackphone666
scum
Wolfcreek
shikaku

Booth: Culture Discs & Tapes

Categories
event news

Sissy Spacek – Japan Tour 2018

Sissy Spacek – Japan Tour 2018 – 20th ANNIVERSARY-


September 13th(Thu) Tokyo/Shibuya -Dommune
TBA

September 14th(Fri) Fukuoka/Hakata -Utero
w/Hurricane Grind,Carcass Grinder

September 15th(Sat) Osaka/Namba -Bears
w/WORLD,SOLMANIA

September 16th(Sun) Tokyo/Koiwa -Bushbash
w/WORLD,cunts,ENDON,TEXACO LEATHERMAN,CARAMBA x 黒電話666,
DJ : BLACKSHEEP CREW – COGEE,SUNGA,MJ

September 17th(Mon) Tokyo/Akihabara – Goodman
w/非常階段,MikaTen

September 18th(Tue) Kanagawa/Yokohama -El Puente
w/unconscious disharmonic mulfunction,OUR WRONGS and HIKO,JDOW, etc

September 20th(Thu) Nagoya/Imaike -HuckFinn
w/GANG UP ON AGAINST (G13),CHAOSCHANNEL (Juke Boxxx rec),CONTAGIOUS ORGASM (SSSM),
MUR MUR (MORNING TOAST rec),PiCNiC (DAN-DOH rec)



John Wiese – Solo Japan Tour 2018

September 21st(Fri) Nagoya/Imaike -Valentine Drive
w/NOISECONCRETE x 3CHI5 (GANG UP ON AGAINST x GHILOM),CazU-23 (TURTLE ISLAND/NOIHENTAI/Sound Artworks/π-pai-),
SIDE EFFECTS (Reight-One/B-EAT)

September 22nd(Sat) Fukuoka – Artspace Tetra
TBA

September 23rd(Sun) Tokyo/Ochiai – Soup
w/ Phew,Kazuma Kubota,冷泉,Color Me Blood Black,DJ: Yuki Moriyama

September 27th(Thu) Tokyo/Roppngi Super deluxe
w/ PAINJERK(Guest),STAR DEATHCRUSH(中原昌也x那倉太一),ELEPAHNT NOIZE KASHIMASHI,DJ DISCHARGE

September 28th(Fri) Kyoto/Sakyo – Soto/外
w/ Katsura Mouri

September 29th(Sat) Osaka/Minamihorie – environment 0g [ zero-gauge ]
w/ OLAibi

September 30th(Sun) Shizuoka/Shizuoka -Sougen/騒弦
天候不良のため中止
w/ K2,庭

Categories
news releases

OOO-32

Session June.12.2016 – Kazuma Kubota / Mei Zhiyong

OOO-32 | CD

1 Session June.12.2016 44:14

様々な層から支持を集めるノイズ・アーティストKazuma Kubotaと、近代中国ノイズの最重要人物メイ・ジヨン、日中現代ノイズ・アーティストの邂逅により実現した2016年スタジオ・セッションの記録音源である。両者のソロワークから感じられる共時性をタイト&ハードなノイズとして融合させた高純度コラボレーション。
日本と中国のノイズの今を表す重要な1枚となるだろう。限定300枚。

Kazuma Kubota the noise artist who is gathering support from various strata, and Mei Zhiyong the most important figure of modern Chinese noise music. This piece of work is the live recording of a 2016 studio session that came about from a chance encounter of the Japanese and Chinese modern noise artists. It is a collaboration of a high purity that fuses together the synchronicity, which can be felt from the two artists’ solo work, as a tight and hard noise. I think this is an important piece that presents the current Japanese and Chinese noise. limited edition of 300 copies.


Kazuma Kubota
都内を中心に活動するハーシュノイズアーティスト。
スピードとブレイク感溢れるノイズと 美麗なアンビエントドローンサウンド、フィールドレコーディング等によって構築された繊細かつドラマチックな作風でノイズリスナーのみならずエレクトロニカ、シューゲイザー、ハードコア他あらゆるエモーショナルな音を求めるリスナーからの支持を集める。
2013年に米ノイズレーベル”Ninth Circle Music”から1stフルレングスアルバム”Dis-connected”をリリース。
同じく2013年に初の国内流通作品として”Two of a Kind”EP/CDを国内レーベル”[…]dotsmark”からリリースし、即完売。
Ototoyでの美川俊治氏(非常階段/INCAPACITANTS)との対談や豪Night Science誌でのインタビュー掲載、英WIRE誌でのレビュー掲載等、国内外メディアで注目を集めている。
2016年8月には米国オハイオ州デイトンでのノイズ音楽フェスティバル”Amplified Humans Festival”にヘッドライナーとして招致される。
2017年、米国Amethyst Sunsetより”Utsuroi”LP(Reissue)をリリース予定。

Kazuma Kubota:
The harsh noise artists that are active in the heart of the metropolitan area. He gather the support from listeners who seek out the delicate yet dramatic composition style constructed by noise that is filled with a sense of speed and breaking, a beautiful ambient droning sound and field recording etc.; as well as from those besides noise listeners, who seek electronica, shoegazer, hard core and all the other emotional sounds.
In 2013, He released him first full length album “Dis-connected” from the American noise label, “Ninth Circle Music”.
Similarly in 2013, he released the EP/CD “Two of a Kind” as their first domestically distributed work from the”[…]dotsmark”, which sold out immediately.

he have been gaining attention from domestic and international media for their conversation with Mr. T.Mikawa on Ototoy and publication for interviews in the Night Science magazine and the Wire magazine etc.
In August 2016, they were invited as the headlining act for the “Amplified Humans Festival” in Dayton, Ohio in USA.
In 2017, they plan on releasing their LP record “Utsuroi”(reissue) from USA’s Amethyst Sunset.

Mei Zhiyong
メイ・ジヨン(梅志勇)氏は、中国の最も重要な国際的ノイズ実験音楽家であり、ハードウェアノイズ楽器のDIY製作家だ。彼はまたインディペンデント映画や写真等でも活動している。ノイズが全てのルールを破壊する手段であり、無価値を固定化することによって初めて、人は音声と身体の間の矛盾、肉体と精神の矛盾から解き放たれる、とメイは考えている。同氏のパフォーマンスの象徴となるものは、力強い演奏スタイルと、ハッキングとサーキットベンディングによって変換された電子楽器だ。メイは2014年以来ヨーロッパ、アジア、日本でツアー公演を敢行した。同氏は今やアジアで、ノイズと実験音楽の新進気鋭のアーティストになりつつある。

Mei Zhiyong:
Meizhiyong is China’s most important international noise experimenter and hardware noise instrument DIYER.He is also active in independent film and photography, etc. Meizhiyong thinks that noise is the carrier of breaking all the rules, only impaling nothingness will real make you get rid of the contradiction between voice and body, between body and mind.The sign of his performance is the strong acting style and the electronic musical Instruments transformed by hacking and circut-bending. Meizhiyonghas already toured in Europe and Japan successively since 2014.He is now becoming the new blood of the noise and the experimental music in Asia.