Categories
news releases

中枢浸食 – マスクド・ダイオウド

OOO-18 | CDR

1 セメント 
2 サンテバル 
3 崇高な行為 
4 労働の歓び 


東京のPOWER-ELECTRONICS/INDUSTRIAL UNIT、本作は独L-whiteからの音源”MASKED DIODE”に次ぐ3作目の単独音源。日本語にこだわったアジテーション、荒削りさを以て逆説的にリスナーの領域へ生々しく肉迫するサウンドメイキング。JAPANESE P.E/INDUSTRIALの異端。
全4トラック、A3ポスター、布パッチ封入。

マスクド・ダイオウド
2005年に自主レーベルからのCDR”土人の神経戦”で音源デビュー後,OPEN WOUND(UK)、L-WHITE(GER)等ヨーロッパの硬派P.E/INDUSTRIALからリリースを重ねて来た、数少ない日本産ユニット。荒削りさを以て逆説的にリスナーの領域へ生々しく肉迫する、過剰な装飾を排した簡潔的でいて神経質な電子ノイズ皮肉と暗喩に彩られた日本語詞、ハードコアなアジテーション。日本オリジナルのパワーエレクトロニクス、インダストリアルである。彼等は自らのスタイルを、ハードコアエレクトロニクスと呼ぶ。

The Japanese industrial/Power electronics unit that started activity in 2005.
They released “Dojin no shinkeisen” in 2005 and showed existence of their own to a listener.
They released CDR from OPEN WOUND(UK) and L-WHITE(GER) afterwards.”Chusu shinshoku” is their 4tracks CDR released in 2010 by […]dotsmark(JPN).
The nervous electronic noise that eliminated excessive decoration,
A Japanese text full of irony and metaphor.The agitation that is hard core.
Their style is Japanese original power-electronics/industrial from 00’s.
They call own style “Hardcore electronics”.
CDR+Patch+A3 sized poster.limited 200.