News _Shop _Releases__Events__Media__Archives

,
Releases: ALL 40-31 30-21 20-11 10-1

ooo-30
Kazuma Kubota / GUILTY C.- Split C-40 include DLcode



00年代以降興っているハードコアとノイズのリンクのハーシュノイズサイドからの実行犯GUILTY C.。そして2014年に発表した初単独国内盤"Two of a Kind"CD(ooo-28/[…]dotsmark)が大きな反響をもって迎えられた気鋭のノイズアーティストKazuma Kubota。同世代、同時代を生き、それぞれに経験と評価を積み重ねて来た両者による初のスプリット作品。土砂災害の如く熾烈なハーシュノイズと洗練さ れたミックス、真っ黒な雪崩の中の構成美!カセットテープ・初回プレス150本。DLコード封入。

Kazuma Kubota
都内を中心に活動するハーシュ・ノイズ・アーティスト。2004年の 冬より"BLOODY LETTER"名義で活動開始。2007年以降は本名のKazuma Kubota名義で活動。スピード感とブレイク感溢れるノイズと 美麗なアンビエント・ドロー ン・サウンド、フィールド・レコーディング等によって構築され た繊細でドラマチックな作風はノイズ・ファンのみならずエレクト ロニカ、シュー・ゲイザー、ハードコア他あらゆるエモーショナルな音を求めるリスナーへの訴求力を持つ。2013年には米ノイズの巨匠Chris GoudreauのレーベルNinth Circleから1stフル・アルバム"Dis connected"をリリース。

GUILTY C.
1999年 から活動を続けるドクロの使者。フィードバック・ノイズと淀んだ音の波が寄せては返し、幾重にもなる怪しいノイズの壁が砂の ように崩れ落ちる、残虐無慈悲なダークノイズ・プロジェクト。


ooo-29





ooo-28
Abisyeikah - observation about air CD/DL



ローファイ/ナンセンスと悪趣味と思索の深さが膝突き合わせて同居する数々のパフォーマンス、解析不能すぎるトゥー・マッチ・プログレッシヴ・スタイルと徹底したアンダーグラウンド&ホームメイドなテロリズム音響によって多くの黙殺と熱狂的な賞賛を得て来た「異物としての『ノイズ』」ユニット・アビシェイカー。本作は彼等の4thオリジナルアルバムにして初のプレスCD/正規流通作品となる。
今彼等に注目しなかったらいつ注目するんだ?!

DL版は下記配信先からご利用頂けます。
iTunes/Amazon/Bandcamp/Ototoy

Abisyeikah(アビシェイカー):
2004年結成。群馬~行田~高円寺~六本木~渋谷に潜伏し、コンスタントにライヴとリリースを重ねる。
デビュー当初から「ゴアグラインド」「ノイズグラインド」を標榜し、そのキーワードを独自に拡大解釈あるいは誤解しエクストリームミュージック~ノイズ~パフォーマンスアート化したような創作活動を繰り返す。

呼ばれた土地土地のリアルアンダーグラウンドなイベントに出演を重ね、これまでにツネマツマサトシ、OH MY COW!、殺(KILL)等の日本パンク/ロックの大御所から美川俊治+HIKO、Dave Phillips、Francisco Meirino、Yousuke Fuyama等のガチンコノイズ/電子音響勢と共演。更に冷蔵庫マン、川崎CHITTAで行った某芸術家とのコラボに於いては森山未來とも、ジャンル/業種/キャリア/オーバーグラウンドorアンダーグラウンドを問わずあらゆるシーン、国のアーティストとボーダーレスに共演の機会に恵まれ、渡り合う。

2012年にUSAのAGORAPHOBIC NOSEBREEDのメンバーJ.Randallが主宰するレーベル"GRINDCORE KARAOKE"から、JESUS OF NAZARETH及びKUSARI GAMA KILLとの3way remixアルバムをリリース。

2013年、UKビートボックスチャンピオン"Beardyman"にライヴ動画が高く評価され国際的な注目を浴びる。
更にオーストラリアのHorrer core/Break core"Passenger of shit"からもリスペクトを受け、彼の企画するV.A.への参加およびPassenger of shit&アビシェイカーによるコラボレーション作の制作も決定している。


ooo-27
Kazuma Kubota - Two of a Kind CD SOLD OUT/DL



Kazuma Kubota、この名前は覚えておいた方が良い。年寄りが跳梁跋扈する日本のノイズを、この男はいずれ背負って
 立つことになるのだから。理由?この作品を聴きなさい。それで分からないようなら、自分を諦めることだ。
 -美川俊治(非常階段/INCAPACITANTS)

00年代以降の日本ノイズ急先鋒Kazuma Kubota。
日本より先に海外のノイズ・コミュニティにおいてその評価が堅実なものとなっている彼の、満を持してリリースされる初の国内正規流通品。メ ランコリックなアンビエントサウンドとフィールドレコーディングそして切り刻まれたハーシュノイズの高次元融合によって紡ぎ出された独自の繊細な 世界観を3つのトラックで表現した小品。限定300枚(CD版)。
DL版は下記配信先からご利用頂けます。
iTunes/Amazon/Bandcamp/Ototoy

Kazuma Kubota. All heads has to know this name. This man is going to stand on the Japanese noise scene that have been dominated by old guys for a long age . Why? The reason? Just Checking this album. nevertheless, if this still shit for you, you should abandon yourself.
-Toshiji Mikawa(HIJOKAIDAN/INCAPACITANTS)

4tracks/CD(Edition of 300) or DL(iTunes,Amazon,Bandcamp,Ototoy)


ooo-26
NEGATIVE CLIMAX - ASURA C-45
SOLD OUT


日本の新たなるPOWER-ELECTRONICS / DEATH INDUSTRIAL UNIT "NEGATIVE CLIMAX"。
本作"ASURA"は、ヒンドゥー教においてデーヴァ族に敵対する神族=即ち魔神/悪魔(アスラ)をテーマとしている。
最近のライヴでも顕著に見られるNullの苛烈かつ冷えきったハーシュ・エレクトロニクスとZeroの魔に取り憑かれたかのようなボーカル、随所に挿入されるヒンドゥー教由来のマテリアルによって「オリエンタル・ゴシック・デス・インダストリアル」と形容できるような独特の世界観を本作では形成した。全8曲、約45分。限定50本。

NEGATIVE CLIMAX:
2009年結成。最初期のリリース"Fail"、"Lonely"(共にカセット、セルフリリース)に於いてはMB,ATRAX MORGUEと似た風景を見つめるような暗鬱で色あせたDark depressive drone noiseを志向。
近年ではハーシュ・エレクトロニクス+女性ボーカルとなり表面上のスタイルの変遷は見られるがその密閉された暗黒のような世界観は変わる事無く続いている。
CECILIA、ENDE、VENT他解ってる人は解ってる国内のオブスキュアなPOWER ELECTRONICS/INDUSTRIAL/DARK AMBIENTをカセットそして限定20本というフォーマットでリリースしまくるレーベルKALTER STAUBを始動させるなど、徹底した超アンダーグラウンド路線と自己の美学を自力で実行する姿勢を当初から現在まで貫いている日本の新世代ユニットです。

Japanese new Power electronics / Death industrial unit "NEGATIVE CLIMAX".
In the first period they were dark and faded depressive drone noise,like sound style of M.B. and ATRAX MORGUE.
In recent years, they became the style of Harsh Electronics and female screaming voice.

It looks sound style has changed,But their view of the world has continued unchanged from the first period.It's like the darkness that has been sealed.

"ASURA" is taken the theme from a evil gods and demons -asura- hostile to Deva in Hinduism.

Null performed terrible coldly harsh electronics,and Zero's Vocals as if were possessed by the devil.
If we to describe the this works style, it is a "oriental gothic death industrial".

They run a very small label "KALTER STAUB".It has released a lot of Japanese POWER ELECTRONICS,INDUSTRIAL,DARK AMBIENT very obscure.They possess the DIY spirit and underground spirit thorough!


ooo-25
5way split - 真実は詐欺師の発明/TRUTH IS INVENTED BY LIARS CD



2012年4月~5月にかけて敢行されたスイスのアーティストDave PhillipsとFrancisco Meirino両者の日本ツアーを記念して制作された5way Split CD。
両者に加え、Dave Phillipsを擁したアクション・ユニットSchimpfluch-Gruppeでも知られ、現在は大阪に在住、EXTREME RITUALとも形容される独自の世界観での音響パフォーマンスを続けるRodolf.Eb.Er(R&G)、ENDONのノイズ奏者によるソロノイズユニットMASS PHALLOCENTRISM ATTACK、知性とナンセンスの強引な配合によって全く独自の表現実験を続けて来た群馬のノイズ/アバンギャルドユニットABISYEIKAH(アビシェイカー)の計5組のオリジナル曲と、Dave&Franciscoによるコラボレーショントラックを収録。スイスアヴァンギャルドと、それをリスペクトする日本の新しい才能とを橋渡しする日瑞友好盤。

This CD was produced according to the 2012 Japan tour of Dave Phillips & Francisco Meirino.
CD with 5 Noise/Avant-Garade/Electro acoustic artist from Japan and Switzerland.
Original songs from each artist, and included the collaboration track of dave with francisco.
Dave Phillips is an noise actionist of Switzerland has been active since 1987.He is a member of art group "Schimpfluch-Gruppe", and in the past was the main member of the legendary grindcore band "FEAR OF GOD".
He has built dense tracks by voice, sound, field recordings,for problems of modern society.
Francisco Meirino is an sound artist working in Switzerland since the 1990s.He makes a live performance using the multi-channel also pluralistic, field recordings and Electro acoustic using.
Rudolf EB.ER is a founding member of "Schimpfluch-Gruppe", Swiss artist currently working in Japan.
The above three artists, supported on this tour Corrupted,Hijokaidan,Endon and more.
Abisyeikah is an lo-Avant-garde unit working in Japan since the 1994.They sound production are humorous,lo-fi and very free.They have released a 3 albums and many VA so far.
MPA is a Japanese young noise collage unit.solo project by noise player of the noisecore band ENDON of Japan.



ooo-24
MO*TE - Insane Dog Run C-45
SOLD OUT


90年代に精力的に活動しその後沈黙、近年になって突如活動を再開した国産ノイズユニット"MO*TE"の復活後初の完全新作&フルアルバム。当初海外の某レーベルからのリリース予定だったものの当該レーベルが倒産、宙に浮いていたマスターを[...]dotsmarkがキャッチ!
過去作は全て廃盤&プレミア化、世界中のノイズマニアックスが血眼で情報を探し、伝説化していたMO*TEの現在最新形。
豪雨のように降り注ぐアブストラクトなハーシュに漂う電子音が曲名通り瞑想的作用を呼び起こす20分超の大曲"Rainstorm Meditation"、乾いた質感のハーシュノイズが往年のジャパノイズの熱を感じさせるB面の2曲による計3曲約45分、熟練の渋さすら漂わせるハーシュアルバム。限定50本。

MO*TE:
1995年、肉奴隷によるV.A."殺戮雑音部隊"への参加によりデビュー。
2000年代初頭までに"STASH"CDR(Solipsism)、"Life in a peaceful new world"c-60(Hevi Like A Snake)等、カセット及びCDRを国内外のリアルなノイズレーベルから限定でリリースした。
自身の運営するレーベル"UNCUT"に於いては、100均SHOPやホームセンターにあるグッズをジャケットに採用する等ユニークなアートワークを制作。自身のソロ作品の他にGOVERNMENT ALPHAとのコラボ、CRACK STEELやSTIMBOXとのスプリットをリリース。
2000年代初頭に活動停止し沈黙。上記時代の音源は全て廃盤/プレミア化し、現在ではネット上での試聴ですら困難となっている。
2009年、NOISE NINJA RECORDS主催イベント"NOISE NINJA RESISTANCE vol.7"への出演を皮切りに本格的に活動を再開、東京アンダーグラウンドでライヴを重ねている。

90's Japanoise legendaly MO*TE is back!
This work is completely new full-length album from resuming his activities in recent years.
Side A "Rainstorm Meditation"are electric sound like air drifts, and abstract harsh noise like heavy rain.They can lead to a meditative effect.
Side B is dry texture hirsch noise are two songs.Mature from them even feel tasteful.
Editon of 50.

MO*TE:
Formed in 1995, Debuted in the wake of participation in the V.A."SATSURIKU ZATSUON BUTAI"(produced by NIKUDOREI).
By the early 2000s, he has released "STASH"CDR(Solipsism)"Life in a peaceful new world"c-60(Hevi Like A Snake) and more.Many of them were released on limited edition of cassette tape and a CDR.
In the early 2000s, he stops the activity once.Silence for a long time thereafter.
Previous release his silence is all out of print and became premier high along with the items required by the noise maniacs.
For there not is little information on the Internet,his presence was become legend.
In 2009, he appeared in the event "NOISE NINJA RESISTANCE vol.7" to be hosted by NOISE NINJA RECORDS. He resumed in earnest and activities.


ooo-23/nnr-15
MULTIPLE REPORT FROM SEIDO AND MASS PHALLOCENTRISM ATTACKC-45
SOLD OUT

SEIDOとMASS PHALLOCENTRISM ATTACKによる2011年秋に行われたコラボレーションライヴを記録した実況盤。
両者の持ち込んだ自作楽器とMPAの咆哮、サンプラーマニュピレーションによるスリリングなアクショニズム実験雑音響。
片面のみ収録、限定50本。NOISE NINJA RECORDSとの共同リリース。

SEIDO
1984年 アシッドミュージックグループ[PSYCHIC ART BALANCE]を結成。アーコスティック~エレクトロニクス、ジャンク~シンセ、即興からパンク、ミニマルまでなんでもありのスタイルだった。その後電気仕掛けのノイズを鳴らすオブジェを製作し始め、1991年田島パフォーマンスフェスティバルをパフォーマンス色を強め境に秋田昌美ら共にTrue Romanceを結成一年ほど活動。その後数々の楽器、音響マシンを制作しソロ活動及びミュージシャン、パフォーマー、ダンサーと多くコラボレーションをしてきた。1996年に活動を中止したが、その後西洋に見切りをつけ発展途上国でのアンチポップミュージックを探しているうちに活動再開。現在フィリピンのショピングセンターの休憩所など考えられない場所でNOISEを演奏したりしている。近年になって約20年ぶりに日本に帰国。国内での活動を再開している。

MASS PHALLOCENTRISM ATTACK
東京のノイズバンドENDONのノイズ奏者としても活動している彼のソロ名義。スイスアクショニズム勢からの影響を感じさせつつもノイズアティトゥードに満ちた音響工作を展開する。


This work is a live recording of a collaboration live performance b and c went for the first time in 2011.
Self-made Instruments that brought by two people,modulated roar and sampler operation by MPA,Very thrilling recording of an actual aktion performance.
1side track,edition 50.co-released with NOISE NINJA RECORDS.

SEIDO:
Formed in 1984, Acid Music Group [PSYCHIC ART BALANCE].It was a certain style of everything from Acoustic~Electronics,Junk~synth,Improvisation~Punk, to Minimal.Then he began to produce objects that play noise by trick of electrical.
Together they formed the TRUE ROMANCE with Masami Akita and some people, in 1991 and worked for about a year.Then, he produced many sound machine and various musical instruments, he has been working solo and in many collaboration with musician,performer,and dancer.His activities was stopped in 1996,He then as hopeless to Western music, he have resumed activity in the process of looking for the anti-pop music in developing countries.he playing noise on resting place of shopping center in the Philippines.Recently,Returned to Japan beyond about 20 years, he have been active in the country

MASS PHALLOCENTRISM ATTACK:
Solo unit by noise player from the noise band ENDON in Tokyo.


ooo-22/GGRR-001
- ACME APATHY AMOKCD



ENDONは2007 年に結成された、エクストリームミュージックの決定的な更新を目論む音響集団である。通常のバンド編成にエレクトロニクス奏者2人を擁した彼らの生成する音は、Noise,Hard Core,Black Metal, Industrial,Grind Core といった無数のハードスタイルの混成であり、徹底的にフィジカルなPure Hard Core の体現である。 身体と音響の運動量過多、自傷・流血の頻発する破滅的なステージングは地下ライブシーンで話題を呼んでおり、 最も注目すべきアクトの1つだ。メンバーAXONOX はエフェクターブランドMASFを主宰しており、ENDONでの使用機材にとどまらず過剰な性質を持つ製品を発売、ユーザーに「BORIS」など多数のアーティストが名を連ねる。また、単独主宰ライブイベントとして「TOKYODIONYSOS」、毎年末には50組に及ぶ多種多様 なアーティストの結集するカオスなイベント「地獄のコミュニケーション」を共催でプロデュース、アンダーグラウンドなアーティストたちによる闘技場的空間のアレンジを試みる。

ENDON is an experimental acoustic collective from Tokyo, first gathered in 2007 in order to bring a decisive rally on contemporary extreme music. In addition to a conventional band formation of vocal, guitars, and drums, there are two additional electronics performers, allowing them to create harsh, distinctive sounds in various chaotic mix of styles ranging from noise, hard core, black metal, industrial, to grind core, through an absolutely physical embodiment of pure hard core mentality. Their staging can be characterized as a plethora of physical and acoustic momentum, with destructive performances involving self-mutilation and bleeding, receiving high critical acclaims in the underground live scenes and are touted as one of the most exciting acts.

To me this material sounds like Endon has taken some of the traditional Japanese noise like Hijokaidan, and updated it to 21st century.
-Mikko Aspa (Grunt / FREAK ANIMAL / Deathspell Omega / NORTHERN HERITAGE)

This commemorative first full length album “Acme Apathy Amok” is the representation of the band’s ever growing nefarious deeds, and it serves as the evidence to their success in creating a new epitome of hybridized extreme harsh music through the abolition of the obsolete system of musical categorization. Fuck the conservatives and fuck the unorthodox. Don’t take your eyes off of these guys!
-PAINJERK


ooo-21
Bloody Letter - Past CDR
SOLD OUT


現在は本名で活動する日本の新進ハーシュノイズ作家Kazuma Kubotaが2004年から2007年まで使用していた名義"Bloody Letter"。Bloody Letterとして発表して来た自主制作単独CDRやV.A.提供曲など現在では入手困難な楽曲から作家本人が厳選して収録した編集盤。
KAZUMOTO ENDO,SICKNESS等の先達が紡いで来たCUT- UP HARSH NOISEの流れを受け、緻密な構成と音色の練り上げによってノイズでありながら純音楽の高みに切迫しようとしている現在のKazuma Kubotaのサウンドスタイルへと繋がって行くBloody Letter後期の楽曲を中心としたセレクテッド・ベスト。空間を切り裂かんとばかりにめまぐるしく展開するハーシュノイズと美麗なアンビエントドローンの掛け合いによって生み出される独特のセンチメンタリティ/エモーショナリティと、その世界観を鮮やかに現像すべく徹底的にこだわり抜かれたサウンドワーク。本リリースに際して全収録楽曲を作家本人の手でリマスタリング。限定50部。

Selected works of japanese cut-up harsh noise unit "Bloody Letter"(pre-Kazuma Kubota).
All tracks remastered by Kazuma Kubota.
limited 50.


31 30-21 20-11 10-1



News letter

Contact:
contact(at)dotsmark(dot)com
©2001-2016[...]dotsmark