Categories
news releases

A Taste of…RNA – RNA

OOO-39 | CD | Digital

電子音楽からシンガー・ソングライター、映画・アニメーションのサウンドトラックなど多岐にわたる活動で知られるマルチ・インストゥルメンタリスト石橋英子、非常階段・C.C.C.C.・インキャパシタンツ等日本の重要ノイズバンドを遍歴するノイズ奏者としてまた宇宙エンジン他でギターを手に取ってきたコサカイフミオ、日本インダストリアル・ノイズ史の黎明期より今尚新境地を求め続けるK2こと草深公秀によるスーパー・ノーウェーヴ・バンド”RNA”、エクスペリメンタル・ミュージックの殿堂・六本木SuperDeluxeでの2018年の演奏が音源化!ドラム、ギター、エレクトロニクスによるドラスティックなインタープレイが冷たく白熱する驚異の40分。マスタリングエンジニアには宇都宮泰、アートディレクションは大野雅彦を起用。

RNA

2013年頃、SNSで知り合ったK2草深と石橋英子のコラボ作と、同時期に発表された旧知のF.コサカイと草深とのコラボ作とから全ては始まった。2015年のレコ発で、石橋がDrを、コサカイがGを、草深がelectronicsを演奏する3ピース・バンドが結成された。それがRNAである。RNAは、年に1回だけ集まってライブをすると言う悠長なペースな活動を続けてきている。毎回、打ち合わせなどはなく、その場の空気感で演奏を決めるという特異なスタンスでの即興的演奏は、ノイジーだが、紛れもなくロックであり、ノーウエーブである。